0467-87-4338

【受付時間】終了時間の15分前まで

当院の取り組み

当院では、耳鼻咽喉科以外の診療にも取り組んでいます。皆様の「家庭医」として、お気軽にご相談ください。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも言われ、新薬(先発医薬品)の特許期間が過ぎてから販売される、比較的安価なお薬のことです。 お薬の中の有効成分は先発医薬品と等しく、効き目や安全性に問題がないことが確認されてから販売されますので、優劣がつけられるものではありません。 当院ではジェネリック医薬品も取り扱っておりますので、希望される方はお気軽にお申し出ください。

インフルエンザ予防接種(保険外)

当院では、インフルエンザの予防接種も受け付けています。 インフルエンザとは、インフルエンザウィルスによって引き起こされる急性感染症の一種で、流行性感冒(流感)とも言います。高熱・筋肉痛などを伴う風邪に似た症状が現れるのが特徴で、気管支炎・肺炎などを併発して重症化することもあります。早めの予防を心がけましょう。

補聴器相談

※補聴器相談は、毎週月曜日15時~17時の間におこなっています。詳しくは、お電話にてお問い合わせください。

難聴(耳が遠い、耳が聞こえにくい)で困っていても、いざ補聴器をつけるとなるとどんな物を選べばいいのか分からない方は多いのではないでしょうか? せっかく補聴器を購入しても効果がなかったり、音がうるさいだけで人の声が聞き取れなかったりしては意味がありませんので、ぜひ耳鼻咽喉科の医師にご相談ください。 お耳の検査から、適切な補聴器の選定、調整までサポートいたします。

豆知識:補聴器の大切さ「聞こえないままで済ませないでください!」

皆さんよく御存知だと思いますが、言語は経験を積むことにより発達します。

たとえば、2人の日本人がアメリカに行ったとします。 1人はフレンドリーな女性、もう1人は学者風のコミュニケーションが苦手なタイプの男性です。 2年後に2人が日本へ帰って来た時、英会話がより進歩しているのはどちらでしょうか? おそらく女性の方だと思います。たくさんの人と話す機会が多くなることが、女性の英会話力を高めているのです。 しかし、その女性も日本にしばらくいると英会話を忘れてしまいます。なぜでしょうか? それは、英語を話す機会が極端に減少してしまうからです。 このように、言語の習得には、会話する機会(経験値)が非常に大きなウェイトを示します。

言語を話す時の経験則は、いろいろなことで役立ちます。 今、寒い冬の夜に家族で鍋を囲んで食事をしているとします。 牡蠣(カキ)を入れる時に、「柿」と間違って発音しても、皆は牡蠣を鍋に入れると思うでしょう。

補聴器の大切さ
冬の寒い日、暖らんの鍋、グツグツ煮える音、鍋から出る湯気、いろいろな条件を頭の中で計算して「牡蠣」を頭の中で連想しているのです。 一方的に言葉を話すこと、聴くことだけでなく、会話をすることはとても大切です。聞こえないままでいるとしだいに会話も減り、言葉が少なくなったり、思考力が落ちてきたりします。脳の老化を防ぐ意味も含め、耳が聞こえにくくなったら、早期の補聴器の使用をお勧めします。
© 2019 サザンクリニック耳鼻咽喉科